お問い合わせTel.0120-790-834
Re Nature 〜リ・ナチュレ〜
人と自然にやさしい暮らし◆三重の住宅
大切にしたい部屋

▶リビング

良いリビングの条件とは何でしょうか?リビングは人が集まらないと、ただの個室になってしまいます。家族が集い、くつろいだり、ときには喧嘩したり・・・そうした家族の成長と子どもの教育の場であることが条件です。
リビングのスペースが足りない場合は、少し大きめのダイニングテーブルを設ければ、食事以外に、子供の勉強やお父さんの読書など、家族が集える場所になります。広さやカタチは家族ごとに違っていても、人が集まり、快適な空間にすることが大切です。

▶こども部屋

子どもだった頃、自分だけの部屋に憧れませんでしたか?しかし、子どもが本当に個室を必要とする時期は案外短いものです。
子ども達が成長するまでの間や巣立った後は、一つの大きな空間として、有効な部屋となるように、あらかじめ仕切らない方法があります。間仕切る場合は可動式の収納を設けると、両面から使える便利な収納として使えますし、部屋の大きさも自由に変えれます。
子ども部屋は独立心を育てながらも、家族の存在が感じられ安心感のある空間にすることが大切です。
戻る
木の家に住む
自然素材【漆喰】
大切にしたい部屋
暮らしに家庭菜園を
薪ストーブのある暮…
自然素材を使った住宅
なぜ自然素材?
建築イベント情報